白髪染めあれこれ雑記

白髪染めの仕組みについて

 

一般的な白髪染めヘアカラーの仕組みとしては、キューティクルを開かせ、そこに染料が染み込むようにし、その染料がキューティクルに閉じ込められて定着することで白髪が染まります。

 

黒い髪もいったんブリーチして無色の状態にして好みの色を入れることができますので、全体にむらなく好きな色に変えることができます。

 

 

ヘアカラータイプの白髪染めの場合には好きな色にすることができますし、色持ちもするため長く好きな色を楽しむことができます。
しかし、その分、髪や頭皮へのダメージがあります。ヘアカラーに使われている薬剤は刺激が強いためです。

 

そのため、髪や頭皮へのダメージが気になるのであれば、髪や頭皮に優しく染められる白髪染めのほうが適しています。

 

最近はヘアマニキュアのように髪の表面を染めていくタイプの白髪染めもありますし、人気も高いです。

 

 

ヘアマニキュアのタイプは髪のダメージを心配することなくキレイに染めることができます。

 

ヘアトリートメントなど手軽に染めることができるタイプもたくさんあります。

 

しかし、ブリーチをしないため、明るい色にするのが難しかったり、全体をむらなく染めるのが難しかったりします。色持ちも悪いため、色落ちも早いです。
色の数もヘアカラーのように豊富ではないため限られ、自分好みの色にむらなく染めるのは難しいです。

 

白髪染めを選ぶときには、染める仕組みについてもしっかり比較して納得できるものを選ぶとよいでしょう。